これから結婚式を挙げるとなれば、招待する人に招待状を送る事になります。

それには同封しなけらばならないモノが何点も存在します。また同封するものも人によっては同封してはいけないものもあります。

主な同封物としては招待状本状・返信ハガキ・各種依頼状・挙式案内状・会場案内図があります。

結婚式の招待状でまず必要となるのが招待状本状です。これには披露宴の開催日時や場所を書き、それと披露宴を主催する人の名前を記入します。

この際、出欠を確認する返信ハガキの返送期限も書いておきます。

結婚式に出席するかを確認する返信ハガキには受取人の住所と氏名を間違えの無いように記載します。

それと大事なのが返信用の切手を貼り付けることです。この切手は慶事用切手で大丈夫です。

各種依頼状は結婚式の受付や祝辞などを頼みたい人に同封します。ただこの際マナーして注意して欲しいのですが、依頼状を送る人には基本的に手渡しで招待状を渡しましょう。

何故かと言うと事前に何の説明も無く、受付などの依頼状を貰っても混乱を招くからです。

万が一直接渡せない場合は送る前に事前に連絡をし承諾を貰いましょう。

挙式案内状は同封する際少々注意が必要です。理由としては挙式に出席する人のみに送るためです。なので招待状を作る際は名簿を見つつ、挙式案内状を封筒に入れましょう。

また文章を作成する際は句読点を打たないのがマナーとされています。

会場までの案内が書かれた会場案内図は結婚式を行うホテルなどで既に用意されたものがあることが多いです。その場合はゲストの人数分の会場案内図を貰うといいでしょう。

ただ自己作成しなけらばならない場合は会場までの目安となる建物や道順などをしっかりと書き込みましょう。またこの他に2次会の案内状や更に親族の場合は集合写真撮影をすること伝える案内状を同封する場合もあります。

結婚式の招待状はゲストによって同封するものが代わるので作る際は注意して作りましょう。
http://xn--w8j5cr18kkjf5sbrzjvxag9q5kk0s4a3my.biz/